血液検査の「どういった種類が?」、「どういう時に?」、「異常値の場合の疾患は?」などがわかる 検査ガイド.COM 血液検査の「どういった種類が?」、「どういう時に?」、「異常値の場合の疾患は?」などがわかる 検査ガイド.COM

血液学的検査

血液学検査とは抗凝固剤で血液を凝固させずに使用し、赤血球数・白血球数・血小板数の測定や血液細胞の形態観察、凝固・線溶関連(血液の固まり易さ) などをする検査です。
この検査は、貧血・多血症、炎症・腫瘍、出血・血栓症などのスクリーングとして初診時の基本検査や血液疾患の診断や経過観察などに用いられています。

これから説明します各検査項目には正常範囲として基準値を掲載してありますが、基準値(正常値)は検査法や試薬などの違い、また検査施設によっても異なりますので必ずご自分の検査報告書に記載されている基準値を参考にして下さい。

白血球(WBC)
どういうときに検査するのか?      
初診時の基本検査、炎症・腫瘍の存在や薬物の影響などを知る為に
検査する。
   
基準値(正常値)      
3500〜9500(/μl)      
検査結果が異常値を呈する疾患      
高値: 急性感染症、心筋梗塞、慢性白血病、悪性腫瘍末期(類白血
     病反応)など
低値: 敗血症、再生不良性貧血、全身性エリテマトーデス、抗癌剤の
     長期投与など
   
赤血球(RBC)
どういうときに検査するのか?      
初診時の基本検査、貧血・多血症の有無などで検査する。    
基準値(正常値)      
男性: 430〜570(×104/μl)
女性: 380〜500(×104/μl)
     
検査結果が異常値を呈する疾患      
高値: 脱水、真性多血症、二次性多血症、ストレス多血症など
低値: 再生不良性貧血、溶血性貧血、出血性貧血など
   
血色素量(Hb)
どういうときに検査するのか?      
初診時の基本検査、貧血・多血症の有無などで検査する。    
基準値(正常値)      
男性: 13.5〜18.0(g/dl)
女性: 11.5〜16.0(g/dl)
     
検査結果が異常値を呈する疾患      
高値: 脱水、真性多血症、二次性多血症、ストレス多血症など
低値: 再生不良性貧血、溶血性貧血、悪性貧血など
   
ヘマトクリット値(Ht)
どういうときに検査するのか?      
初診時の基本検査、貧血・多血症の有無などで検査する。    
基準値(正常値)      
男性: 40.0〜52.0(%)
女性: 34.0〜45.0(%)
     
検査結果が異常値を呈する疾患      
高値: 脱水、真性多血症、二次性多血症、ストレス多血症など
低値: 再生不良性貧血、溶血性貧血、出血性貧血など
  先頭へ
血小板数(Plt)
どういうときに検査するのか?      
初診時の基本検査、骨髄疾患や化学療法時の副作用モニターなどで検査する。    
基準値(正常値)      
13.0〜38.0(×104/μl)      
検査結果が異常値を呈する疾患      
高値: 慢性骨髄性白血病、真性多血症、本態性血小板血症、出血、
     悪性腫瘍、摘脾など
低値: 再生不良性貧血、急性白血病、巨赤芽球性貧血、特発性血
     小板減少性紫斑病など
   
平均赤血球容積(MCV)
どういうときに検査するのか?      
貧血が疑われる際に原因などの推定で検査する。    
基準値(正常値)      
80〜100(fl)      
検査結果が異常値を呈する疾患      
高値: 大球性貧血(VB12欠乏による悪性貧血、葉酸欠乏による
     巨赤芽球性貧血など)
正常: 正球性貧血(再生不良性貧血、急性出血性貧血、溶血性
     貧血など)
低値: 小球性貧血(鉄欠乏性貧血、慢性出血性貧血など)
   
平均赤血球ヘモグロビン量(MCH)
どういうときに検査するのか?      
貧血が疑われる際に原因などの推定で検査する。    
基準値(正常値)      
27〜35(pg)      
検査結果が異常値を呈する疾患      
高値: 大球性貧血(VB12欠乏による悪性貧血、葉酸欠乏による
     巨赤芽球性貧血など)
正常: 正球性貧血(再生不良性貧血、急性出血性貧血、溶血性
     貧血など)
低値: 小球性貧血(鉄欠乏性貧血、慢性出血性貧血など)
  先頭へ
平均赤血球ヘモグロビン濃度(MCHC)
どういうときに検査するのか?      
貧血が疑われる際に原因などの推定で検査する。    
基準値(正常値)      
30〜36(%)      
検査結果が異常値を呈する疾患      
低値: 小球性低色素性貧血(鉄欠乏性貧血、慢性出血性貧血など)    
網状赤血球数(RC)
どういうときに検査するのか?      
骨髄における赤血球の造血状態を把握、貧血の治療効果の判定,各種貧血の鑑別などで検査する。    
基準値(正常値)      
0.2〜2.0(%)      
検査結果が異常値を呈する疾患      
高値: 出血性貧血、溶血性貧血、各種貧血の治療時など
低値: 再生不良性貧血、急性白血病など
   
白血球像
どういうときに検査するのか?      
白血球の量的異常が認められた場合などで検査する。    
基準値(正常値)      
Neut(好中球) 40〜74(%)
  Stab(桿状核球) 0〜7(%)
  Seg(分葉核球) 32〜74(%)
Lymphocyte(リンパ球) 18〜49(%)
Mono(単球) 1〜8(%)
Eosino(好酸球) 0〜7(%)
Baso(好塩基球) 0〜2(%)
     
検査結果が異常値を呈する疾患      
好中球 高値: 感染症(敗血症、肺炎など)、心筋梗塞、慢性骨髄性白血病など
低値: ウイルス感染症(麻疹、風疹、水痘など)、急性白血病、多発性骨髄腫、抗癌剤投与など
リンパ球 高値: 百日咳、ウイルス感染症(伝染性単核症、流行性耳下腺炎、麻疹、風疹、水痘など)、リンパ性白血病など
低値: 急性感染症初期、ホジキン病、ステロイド投与、抗癌剤投与など
単球 高値: 感染症(結核、梅毒、亜急性細菌性心内膜炎など)、リウマチ様関節炎、ホジキン病、単球性白血病など
好酸球 高値: 蕁麻疹、アレルギー性鼻炎、気管支喘息、アトピー性皮膚炎、猩紅熱、ベーチェット病、好酸球性肉芽腫症、慢性骨髄性白血病など
低値: 感染症初期、顆粒球減少症、急性中毒など
好塩基球 高値: 粘液水腫、副鼻腔炎、結核、潰瘍性大腸炎、慢性骨髄性白血病など
  先頭へ
項目名
どういうときに検査するのか?      
     
基準値(正常値)      
       
検査結果が異常値を呈する疾患      
     
項目名
どういうときに検査するのか?      
     
基準値(正常値)      
       
検査結果が異常値を呈する疾患      
     
項目名
どういうときに検査するのか?      
     
基準値(正常値)      
       
検査結果が異常値を呈する疾患      
     
項目名
どういうときに検査するのか?      
     
基準値(正常値)      
       
検査結果が異常値を呈する疾患      
     
項目名
どういうときに検査するのか?      
     
基準値(正常値)      
       
検査結果が異常値を呈する疾患      
     
項目名
どういうときに検査するのか?      
     
基準値(正常値)      
       
検査結果が異常値を呈する疾患      
     
項目名
どういうときに検査するのか?      
     
基準値(正常値)      
       
検査結果が異常値を呈する疾患