血液検査の「どういった種類が?」、「どういう時に?」、「異常値の場合の疾患は?」などがわかる 検査ガイド.COM 血液検査の「どういった種類が?」、「どういう時に?」、「異常値の場合の疾患は?」などがわかる 検査ガイド.COM

なぜ血液検査が必要なのか?

血液は心臓によって、全身をくまなく循環しているため、体の臓器や組織の健康状態を反映します。ですから、血液を検査すれば体の基本的な健康状態が分かります。また、体に異常があると、血液成分にも変化が現われるので、病気や怪我の際も、より適切な治療の方針が立てられます。このように血液検査は、病気の診断や治療に、欠かすことのできない検査で、健康診断や、人間ドックでは必ず行われています。

当サイトでは、主な検査項目についてどういった時に検査するのか、また異常値の場合の代表的疾患などを御紹介していきたいと思っております。
なお、各ページにも記載してありますが各検査の基準値につきましては検査法や試薬などの違い、また検査施設によっても異なりますので必ずご自分の検査報告書の基準値を参考にして頂きますようお願いします。